CADオペロゴイメージ

CADオペレーターの派遣会社や求人の選び方についてまとめています。サービス登録時のポイントやCADオペの年収や在宅・派遣の働き方も紹介。

派遣サービス選びのポイント

多様なサービスを自分に合うメリットで見極める

CADオペレーターとして派遣サービスに登録する際のポイントを確認していきましょう。

今ではたくさんの派遣会社がありますが、もちろんそのどれもが同じというわけではありません。
それぞれの会社に強みがありますから、それをよく調べて登録する必要があるでしょう。

各サービスごとの業界における強みを見てみると、
建築業界に強い派遣会社や機械設計に強いところ、または電気関係に強いところなど様々です。

自分がCADオペレーターとして働いていくのはどの業界が良いのかを
まず最初に確認し、自分に合ったサービスを見つける必要があります。

また業界ごとの強さだけでなく、地域ごとの密着具合などについても調べておきましょう。
その業界では手広くやっているにも係らず、その範囲を全国まではカバーしておらず、
首都圏のみなどというところもありますので注意が必要です。

せっかく登録をしても希望する地域に仕事を紹介してもらえなければ仕方がありませんからね。

また大手派遣サービスは大手ゼネコンなどの子会社である場合もあります。
派遣で働く際には運営会社のことを特に気にしたりはしないと思いますが、景気の情勢などから考えるにあたり、
突然会社が潰れてしまったり、求人の数が少なくなったりということがあるかも知れませんので、
運営について調べることは安心感に繋がると思います。

派遣サービス選び重要ポイント
派遣会社ごとの強みを調べる
サービスのカバーしている地域を調べる

会社ごとにメリットは異なりますので、自分に合うものを探すというのは非常に大事なことなのです。

派遣に登録した後のポイント

ホームページで登録をした後はコンサルタントと面談

派遣サービスに登録をした後は大体は面談を行いますが、そこでは簡単なテストなども行われますので
可能であれば事前に問い合わせなどをして聞いてみると良いでしょう。

別に抜き打ちでやっているという感覚ではないと思いますが、
派遣会社によってはそれを教えてもらえずに、面談に向かうこともあります。

問い合わせをすれば大抵は電話でオペレーターの方がテストの内容やかかる時間なども教えてくれると思います。

そして面談時にはCADの操作に関するチェックなどを行われたりもする場合がありますが、
自分が希望する業界ではどんなCADが使われており、それを自分はどのくらい使えるのかをよく把握しておく必要があります。

また面談の際に自分がそのCADが得意であることを強くアピールできると
求人紹介のときに有利である場合もあるので覚えておきましょう。

派遣会社としては、早く戦力として働いてもらいたいという事情もあるので、
たとえ希望する仕事でなかったとしても現状の力量に合ったところの求人を紹介して派遣したいというのが本音だと思います。

しかし、自分が希望する業界で働くためのCADの力や知識について不足があるのであれば、
事前に勉強をするのはもちろんですが、一定期間後に再度テストしてもらうなど、相談が可能であるかを確認してみると良いでしょう。

CAD特化型の派遣サービス

探し方のアプローチ方法はいくつかある

比較的には業界特化型の派遣サービスが多い感じがしますが、
探し方のアプローチとしてCAD特化型で探すという方法もあります。

まずは自分が使いこなせるCADを前提として求人を探してもらい、
それによって自分に合うかどうかを考えてみるのもいいかもしれません。

逆に自分が使っているCADの仕事は、業界においてこのような範囲なのかと見えてくる可能性もあります。


スポンサードリンク