CADオペロゴイメージ

CADオペレーターの派遣会社や求人の選び方についてまとめています。サービス登録時のポイントやCADオペの年収や在宅・派遣の働き方も紹介。

気になる年収はどのくらいか

モデルケースによる年収を検証

実際に年収はどのくらい稼げるのか?

時給の記事の方でわたしの場合のはじめてのときのモデルケースを提示したので、
参考にそれを使って年収の検証をしてみましょう。

例としてわたしの時給1300円だったときのケースで考えると

1日8時間労働として、

時給1,300円 × 8時間 = 日給10,400円

大体、月に23日労働として、

日給10,400円 × 23日 = 月給239,200円

それが12ヶ月ですから

月給239,200円 × 12ヶ月 = 年収2,870,400円

という計算になります。

実際にはわたしは残業を月に10~30時間くらいはしていたので、
年収としてはもっとプラスで、残業代込みとして

参考モデルとしては大体ですが年収330万円

この年収が高いのか低いのかはさておいて、現実としてこのくらいで働いておりました。

そして悲しい現実ですが月20万円などで固定給の正社員という場合もありますから、
そうするとボーナスを入れても、ちょっと経験値のある派遣のCADオペに年収で負けてしまうということもあるのです。

将来的には正社員だった場合に年収は上げてもらえるでしょうが、劇的なアップは望めませんし、
下手をすると派遣での経験値を認めてもらって働く時給の方が良かったりする上に、
設計事務所などと比べると福利厚生の面でも派遣の方が勝っているということもよくあります。

目指すべき将来の自分像によって、より良いと思える環境を選んで働きましょう。


スポンサードリンク