CADオペロゴイメージ

CADオペレーターの派遣会社や求人の選び方についてまとめています。サービス登録時のポイントやCADオペの年収や在宅・派遣の働き方も紹介。

未経験から転職で働くCADオペの体験談

アパレルの仕事から電気施工図にチャレンジ

未経験から転職して働く人の体験談です。

わたしは以前CADスクールに通って
AutoCADの操作については勉強したことがあり
図面を描くということが楽しかったのもあって
自分で本を買ってCADの勉強をして
ソフトも自分なりにカスタマイズできるくらいの知識を持っていました。

ですが洋服が大好きだったのでアパレルでずっと働いていました(笑)

アパレルも働いてみるとアルバイトでも一応ノルマがありまして
今月はこのくらい売り上げなくちゃいけないみたいのがあって
それが非常に辛かったのを覚えています。

まぁ、バイトなので目標達成できなくてもクビとかはないのですが。

それでも店長からプレッシャーはかかるし
お店もシーズンごとに売れない時期とかもあって
そうすると今月はいっぱい働きたいのに

お店の売上が少ないからバイトの日数を減らしてくれ

とか言われるのです。

結婚した後も続けていましたが
それでは収入も安定しないし、精神的に辛かったので
以前勉強したCADで仕事を探してみました。

それで運よく今の会社に派遣で入ることが出来たのですが
仕事内容は電気施工図の作成というものでした。

AutoCADの勉強をしていたときにやっていたのは建築の図面だったので

電気とか知識全くないし、どうしよ~~~!って感じでした(恥)

それでも入れてもらえたのは
長期契約を結ぶことができれば
企業側が育ててくれるということをおっしゃって頂いたからでして
知識がまったくないのに迷わずOKを出して派遣を決めていました。
我ながら勇気あると思ったよ。

仕事は最初、知識がないことについて当然苦しい思いもしました。
まるで言葉が通じないという感じでした。

しかしCADの操作についてだけは自信があったので、
そこは評価してもらえましたし
職場の人には仕事を教わる代わりにCADの使い方を教えてあげてました。

徐々に職場で使えるようになってきて
半年くらいして仕事が分かってくると
自慢のCAD操作による高速作図と合わさって
会社の人からの評価がすこぶる良くなり

君はココにいてもらわなくてはならない存在だ!

とか言ってもらえるようになりました。

……職場がオジサマたちばかりの環境で
わたしがまだ若くて女だったことが姫扱いしてもらえる要因だったと思いますが。

今ではオジサマたちを逆に振り回しながら、楽しく仕事をさせていただいております。

評価が上がってからは、時給もガッツリ上げていただいて
アパレルの仕事よりもよっぽど良くなりました。
家計も助かって、ストレスも少なくなって非常に良かったです。


スポンサードリンク