CADオペロゴイメージ

CADオペレーターの派遣会社や求人の選び方についてまとめています。サービス登録時のポイントやCADオペの年収や在宅・派遣の働き方も紹介。

JWCADの特徴まとめ

高性能で広く使われる無料CAD

JWCAD

設備や電気などで好まれて使われることが多いCAD。

完全無料でいつでもダウンロードすることが可能。

業者間でのデータのやりとりなどで使われるのが
JW-CAD形式のファイルであることが多いので、
全く使えないと仕事に支障があるかも。

自分のCADへのデータの変換方法くらいは勉強すべきでしょう。

使用している人口が多いので
JWデータを当たり前のように求められることが多々あります。

公式がひっそりと更新されているため、
気が付いたら新しいバージョンに変わっていたというのはよくあることです。

古いバージョンで作った図面は最新の他のCADとの相性が悪かったり
ちゃんと開けずに文字化けしたりする原因になるので
常に新しいバージョンを入れるようにしましょう。

フリーウェアでありながら様々な機能を使うことができ
教本でも日影図作成や天空率計算のJW専門の本があるほどです。

ファイル形式はJWW、JWCおよびDXF。

このJWのデータは非常に軽いので
仕事上でデータのやりとりをする際には有り難いです。

ちなみにDXFは基本的にデータが重いですが圧縮率が高いので
圧縮ソフトを使ってあげると大体1/10くらいになります。

ほかのCADと比べて操作がちょっと独特であり
他のCAD同士では、ひとつCADが使えれば
なんとなく体感的に使えてしまうのに対して
JWCADはちゃんと操作を覚えないと
レイヤの表示すらもうまくやることができないという特徴があります。

参考ダウンロードページ
JW-CADのページ
ここから無料でダウンロードできます。

参考教本はこちら